最強クラスの勉強場所はここ>>

挿し木できる植物一覧を教えて!誰でも簡単に楽しめる

挿し木できる植物できる
この記事は約5分で読めます。

挿し木ができる植物リストを教えて!誰でも簡単に楽しめる

観葉植物や庭木を増やすには、植物の挿し木が簡単で楽しい方法です。植物を増やすだけでなく、空間のバリエーションも広がります。さらに、お金を節約し、環境にも配慮した素晴らしい方法です。この記事では、簡単に挿し木をして美しい新しい植物を作ることができる5つの植物について解説します。

ユーカリ

ユーカリは、ゴムの木として知られており、挿し木で簡単に増やすことができます。主に緑と銀色の葉をつけ、周囲に芳香を放ちます。挿し木の方法は、元気な葉を2~3枚取り、水を張ったグラスに挿します。その後、土を入れ、ビニール袋で鉢を覆います。東向きか南向きの窓際に鉢を置き、2~3日に1回、霧吹きで水をやり、直射日光に当てます。いつの間にか根が張り、生き生きとした新しいユーカリの木ができあがります。

カエデ(Acer Palmatum)

もう少し観賞用の庭木をお探しなら、ジャパニーズ・メープルの挿し木を試してみてはいかがでしょう。息をのむほど美しい葉を持つモミジは、そのほとんどが挿し木で育てることができます。カエデを挿し木するには、葉が3~5枚のものを探します。節のすぐ下で切り、上部の数枚を除くすべての葉を取り除きます。挿し穂は発根ホルモン剤に浸し、土、コンポスト、砂を同量ずつ入れた鉢に挿します。スプレーボトルで土を湿らせ、ビニール袋やビニールハウスで鉢を覆います。間接日光に当て、65~75㌘の暖かい場所で管理します。挿し木が根付くように、徐々に鉢を明るいところに移動させます。根が芽を出し始め、切り口が6~10インチになったら、定住地に移植してください。

イチョウ(イチョウ葉)

イチョウの木は、独特の扇形の葉で知られています。約2億7千万年前から存在する古代樹の一種です。挿し木で増やすには、木質が軟らかく、葉が4~7枚のものを探します。節のすぐ下で切り、その先を発根ホルモンに浸し、土と堆肥を同量ずつ入れた鉢に挿します。水をやり、明るく間接照明の当たる場所に置きます。根が張って成長したら、移植して育てます。

ヒマラヤスギ(Cryptomeria japonica)

スギも挿し木に人気の樹種です。常緑の葉と円錐形の樹形が特徴で、景観を美しく彩ります。挿し木で増やすには、葉が2~3枚のものを見つけ、節より下の部分を切り、水筒やガラスに刺して発根を促します。次に、土、バーミキュライト、軽石を同量ずつ入れた鉢に挿し木を移します。鉢をビニール袋に入れ、フィルターを通した光に当てます。数日おきに水をやり、若い芽が出たら、最終的な住処に移植します。

カラマツ(Larix)

カラマツは、落葉樹として知られる数少ない針葉樹のひとつです。つまり、毎年、葉が変化し、落葉する。カラマツを挿し木で増やすには、葉が少ないものを探し、3節目のすぐ下で切り、コップに水を張った中に挿します。根が出始めたら、堆肥と培養土を同量ずつ入れた鉢に移します。日当たりのよい暖かい場所に鉢を移し、土が湿るようにします。切り口が6~10インチの間になったら、移植します。

キク科

キク科には、ヒナギク、アスター、キク、ジニアなど、一般的な園芸植物が幅広く含まれています。この仲間は、特に挿し木に適しています。健康な親株から、枝や茎の先端に葉が数枚ついているものを選びます。下葉を取り除き、発根ホルモン剤に浸します。切り口を水はけのよい土に挿し、半日陰で管理します。数週間から数カ月で根が張り、やがて新しい植物が生えるようになるはずです。

ヒノキ(Chamaecyparis obtusa)

東アジア原産の優雅な常緑樹です。葉が鮮やかで、日陰にも強く、造園に適しているため、庭木として人気があります。ヒノキの挿し木は、お金をかけずにこの木を増殖させる素晴らしい方法です。健康な親木から挿し木をし、枝や茎の先端に葉が何枚かついているものを選びます。下葉を取り除き、発根ホルモンの粉末に浸します。水はけのよい土を入れた容器に植え、半日陰に置きます。数週間から数ヶ月で発根するはずです。

サクラ

サクラは広く栽培されている花木で、美しいピンクの花と鮮やかな緑の葉が特徴で、景観上も人気があります。この種を挿し木で増やすには、まず健康な親木を用意します。枝や茎の先端が6~8センチほどで、葉が3組以上ついているものを選びます。下葉を取り除き、発根ホルモン剤に浸して、水はけのよい土の容器に挿し木をします。半日陰に置き、こまめに水やりをします。数週間から数カ月で根が張り、新しい植物が生えるはずです。

クスの木

クスノキ(Cinnamomum camphora)は、香りのよい木と光沢のある緑の葉で珍重される人気の常緑樹です。クスの挿し木は、枝や茎の先端から葉が数枚出ているものを選びます。発根ホルモン剤をつけ、水はけのよい土の容器に挿し木します。半日陰で管理し、こまめに水やりをする。数週間から数カ月で発根し、新しい植物が育ちます。

ケヤキ

ニレ科の魅力的な常緑樹です。羽毛状の葉を持ち、日陰にも強いため、庭園や造園に人気がある。ケヤキを挿し木で増やすには、葉が3組以上ある枝か茎の先端を選びます。挿し穂に発根ホルモン剤をつけ、水はけのよい土に挿しておきます。半日陰に置き、こまめに水やりをします。数週間から数カ月で発根し、新しい植物が育ちます。

コナラ

クヌギは、落葉樹の一種で、多くの庭で見かけることができます。この樹種が挿し木に適している理由は、根が張りやすく、早く育つからです。挿し木の方法は、新芽が出る葉の節のすぐ上を小さく切り、湿らせた土に挿すだけです。数週間もすれば、根が張り鉢植えの状態になります。

白樺の木

シラカバも挿し木に適している。白樺は白い樹皮が魅力的で、発根も早く確実です。挿し木は、茎から2つの芽が出ている部分を切り取り、湿らせた土に半分ほど埋めます。土の中に挿し穂を入れたら、飽和しない程度に土を湿らせます。

ユキノシタ

ユキノシタは、山岳地帯に自生する草花の一種です。そのため、気温が低くても簡単に殖やすことができるので、挿し木に最適です。挿し木の方法は、親株から葉の節のすぐ下にある茎の切り口を取り除くことです。また、切り口には少なくとも2組の成熟した葉があることが必要です。挿し穂は、湿らせた土の中に置き、過湿にならないように注意します。

オーク(特にコナラ)

先に述べたように、オークの木は挿し木に最適な候補です。オークの木は非常に成長が早く、いくつかの簡単な手順で、簡単に繁殖させることができます。挿し木は、新芽が出る葉の節の上を少し切り、湿らせた土に挿す。数週間で発根し、移植の準備が整います。

まとめ

植物の挿し木は、庭や風景をより美しくするのに最適な方法です。ユーカリからカラマツまで、簡単に挿し木ができる植物はさまざまです。この記事を参考に、簡単で美しい挿し木を始められる5つの植物をご紹介します。さっそく、植物を増やしてみましょう。さっそく植物を増やしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました