月2200円の自習室はこちら>>

自宅学習を成功させるコツは?5つの成功法則を実践しよう

自宅学習勉強法
この記事は約3分で読めます。

コロナで自宅学習を中心に勉強している人も多いはず。

しかしどうすれば自宅学習をうまくできるかなかなか難しいですよね。

この記事では自宅学習のメリットとデメリットを分かりやすく紹介します。

自宅学習のメリット・デメリット

自宅学習のメリットは

  • 周りを気にしなくて良く、自分のペースで勉強だけに集中できる
  • 自由に気分転換できる
  • 昼食の時間も自由に決めることができる

自宅学習のデメリットは

  • 遊びと勉強の区別がつかなくなる
  • 自宅だとどうしても自分に甘くなってしまう
  • ストレスを感じやすくなる場合もある

朝起きる時間を固定する

朝起きる時間を固定する

自宅学習だと、家で勉強することになります。

しかし休日を同じで朝早く起きることが難しくなり、どうしても勉強の効率が落ちてしまいます。

とにかく朝いつもと同じ時間で起床し、カーテンを開け日光を浴びてください。

そうすることで1日のスタートをうまく切ることが出来ますよ。

パジャマからきちんとした服装に着替える

パジャマからきちんとした服装に着替える

起きたらすぐにパジャマを脱いで、きちんとして服装に着替えることが重要です。

パジャマのままだとまた眠ってしまったり、ダラダラ時間を浪費することになります。

学校に行っていたように、すぐに着替えて勉強できる体制を整えることが重要です。

勉強場所をあらかじめ決めておく

勉強場所をあらかじめ決めておく

自分の部屋で勉強する人や、リビングで勉強する人様々な勉強場所があります。

きちんと事前に勉強場所を決めておいて、すぐにそこで勉強をスタートさせましょう。

勉強場所が固定できないと、やる気や集中力がなくなってしまいます。

学校と同じように1日の勉強時間をルーティン化する

学校と同じように1日の勉強時間をルーティン化する

1日の勉強時間ややることをルーティン化することが重要です。

家で勉強していると、時間がたくさんある感覚になり、勉強がうまく進まない場合もあります。

紙やリストに、今日やることを計画立てておくことが必要です。

そうすることで、勉強計画をうまくこなしていくことが出来るようになりますよ。

ストレスが溜まったらストレス発散方法を考えておく

ストレスが溜まったらストレス発散方法を考えておく

自宅で勉強していると、どうしても学校とは違いストレスが溜まってしまう場合も多いです。

そんなときには、家の近くを散歩したりストレッチなどをするのがオススメです。

ストレス発散方法を持っておくことで、長時間の勉強が可能になります。

家で勉強に集中する方法は?

家で勉強に集中する方法は、とにかくスマホを見えないところにしまうことです。

ついついスマートフォンでゲームをしたり、SNSを見たりする人が非常に多いです。

私も勉強する時にはスマホの電源を切って誘惑に負けないようにしています。

スマホ管理を徹底することで、自然に長時間勉強できるようになると思います。

ぜひ勉強に集中できない人は試してみてください。

記事の途中で私の他の記事の紹介です。
無料や格安の勉強場所は思ったよりもたくさんあります。
思ってもみなかった場所もありますよ。

無料で格安の勉強場所はここ!

家での勉強は24時間いつでもできる

家で勉強するメリットは、外で勉強するのと違って24時間いつでも出来ることです。

図書館やカフェは定時になれば閉まってしまうので、自分の思ったように自習できません。

私も深夜のほうが結構勉強効率が上がるので、自宅学習はとても大好きです。

一番の理想は、夕方まで図書館やカフェで勉強して、早朝と夜は自分の部屋で勉強するのが一番だとお思います。

家で勉強のやる気が出ない人は?

家で勉強すると、どうしても甘えてしまい遊ぶ時間が長くなります。

またどうしてもプライベートモードになるので、勉強時間の確保が難しいのが難点です。

そんな時には図書館やカフェで勉強すると、案外気分転換になり勉強がはかどる可能性もあります。

他人と一緒にいると、自然に勉強頑張ろうとモチベーションが上がるタイプの人もいますよね。

無料や格安の勉強場所もたくさん存在します。

ぜひ外出してみてはいかがでしょうか?

無料または格安の勉強場所とは?誰もが知らない驚きのスポットまで
自宅学習していると、どうしてもだらけてしまい遊んでしまう人も多いはず。 しかしカフェや自習室を使うとお金がかかるのでなかなか利用しづらい。 そんな人にオススメの無料の勉強スポットを紹介します。 図書館は無料で使える市民の強い味...
タイトルとURLをコピーしました