最強クラスの勉強場所はここ>>

【コピペOK!例文付】「封筒」の書き方を丁寧に解説!

書き方書き方
この記事は約11分で読めます。

はじめに

手紙を出す際に必要な封筒。正しい書き方を知っていると、丁寧な印象を与えることができます。文章でのやり取りが多くなった現代でも、手紙のやり取りは大切なコミュニケーション手段の一つです。今回は、封筒の書き方について解説します。

封筒の種類

封筒には、「角2封筒」「角3封筒」「角4封筒」「長3封筒」など、さまざまな種類があります。使い分けによって、手紙の印象が変わることもありますので、適切な封筒を選ぶことが大切です。

例えば、角2封筒はビジネス書類など、重要性が高い書類に利用されます。長3封筒は、A4用紙が入る大きさであり、請求書やカタログなどが入るのに最適です。角4封筒は、小さめの用紙が入るサイズであり、ハガキやチラシ、DMなどに利用されます。

宛名の書き方

封筒の宛名は、相手に届くように正確に書くことが大切です。相手の名前や住所が間違っていた場合、手紙が返ってきたり、届かなかったりすることもあります。宛名の書き方は、下記のようになります。

  1. 左上に「〒」と郵便番号を書く
  2. 左肩に宛名を書く。宛名の書き方は、下記の通り
〒〇〇〇-〇〇〇〇
 〇〇〇〇県〇〇市〇〇町〇〇番地
  (建物名・部屋番号など)
  宛先氏名様(敬称付き)

差出人の書き方

封筒には、差出人の住所や名前も書く必要があります。差出人の書き方は、下記の通りです。

  1. 封筒の左下に「差出人」と書く
  2. 左肩に、差出人の住所や名前を書く。書き方は、下記の通り
差出人
〒〇〇〇-〇〇〇〇
 〇〇〇〇県〇〇市〇〇町〇〇番地
  (建物名・部屋番号など)
  氏名

封筒の開け方

封筒を開ける際にも、マナーがあります。封筒を綺麗に開くことで、手紙の印象もアップします。封筒の開け方は、下記の通りです。

  1. 封筒の上部を持ち、下部を手で抑える
  2. 右上を指で折り曲げる
  3. 左上も同様に折り曲げる
  4. 右上を引っ張って、封筒を開く

封筒に入れるもの

封筒には、手紙や請求書、請求の返信など、様々なものが入れられます。ただし、重量や厚さには制限があるので、注意が必要です。また、インクがにじまないように、書類には注意して入れるようにしましょう。

重量については、角2封筒で4枚、角3封筒で5枚が目安となります。厚さについては、2cm以内が目安となります。

封筒の切手の貼り方

手紙を送る際には、封筒に切手を貼る必要があります。切手の貼り方にも、マナーがあります。封筒に貼る場所や枚数についても、下記の通りです。

  1. 封筒の右上に切手を貼る
  2. 切手は1枚でなくてもよい。ただし、必要な枚数を貼るようにする

封筒の留め方

手紙を送る際には、封筒をしっかりと留めることが大切です。留め方によって、手紙が中身を出したり、紛失したりすることもあります。封筒の留め方は、下記の通りです。

  1. 封筒の口を中心に折り曲げる
  2. 上部から順に、三つの部分を押さえて留める

封筒の送り方

手紙を送る際には、正しい送り方を知っておくことが大切です。送り方によって、手紙が届くまでの時間や料金が異なります。封筒の送り方は、下記の通りです。

  1. 郵便局の窓口へ持参する
  2. 切手を貼ってポストに投函する
  3. ネットで送る(ゆうパックなど)

封筒の保存方法

手紙を送った後には、封筒の保存方法にも気を付けましょう。封筒に記載された住所や名前が再度必要になることもあります。封筒の保存方法には、下記のようなものがあります。

  1. 無印封筒の場合、そのまま保存する
  2. インクがにじむ可能性がある場合、別の袋に入れて保存する

手紙のマナー

手紙のやり取りには、マナーがあります。例えば、手紙の文面は、相手に丁寧でわかりやすい文章にすることが大切です。また、手書きで書く場合には、字が読みやすく、美しい字で書くことが大切です。

また、手紙には返信が必要なものと、必要でないものがあります。例えば、請求書やお礼状などは、返信が必要なものです。一方、お知らせや招待状などは、返信が必要でないものが多いです。

封筒の色の選び方

封筒の色は、手紙の印象に大きく影響を与えます。カラフルな封筒であれば、目立ちやすく、親しみやすい印象を与えます。一方で、シンプルで落ち着いた色合いの封筒は、ビジネス文書などに利用されます。

また、季節や行事に合わせてカラフルな封筒を使うこともあります。クリスマスやバレンタインデーなどのイベント時期には、赤やピンクの封筒が人気です。

ただし、相手との関係性や手紙内容によっても適切な色が異なります。例えば、ビジネスパートナーへ送る場合は地味すぎず明るすぎない中間的な色味が良いでしょう。一方で友人宛てに送る手紙では思い切ってカラフルな封筒を使うこともできます。

以上より、相手との関係性や手紙内容に応じて適切な色を選ぶことが大切です。

封筒に入れる手紙の書き方

封筒に手紙を入れる際には、手紙の書き方も大切です。手紙の内容や相手との関係性によって、書き方が異なります。

まず、手紙の冒頭には挨拶をすることがマナーです。例えば、「お世話になっております」といった一般的な挨拶から始めることが多いでしょう。その後、本文に入ります。

手紙の本文は、相手へ伝えたいことを明確かつ丁寧に伝えることが大切です。文章は簡潔でわかりやすく、段落を分けて読みやすくすると良いでしょう。

また、結びの部分では、「以上」「敬具」といった言葉を使って締めくくることが一般的です。最後に自分の名前を記載し、署名するよう心掛けましょう。

封筒内の手紙は文字通り「プライバシー」なものですから、相手以外が見ても問題ないようしっかりとした内容であることが望ましいです。

封筒を使ったビジネスマナー

ビジネスにおいては、封筒の書き方や使い方が重要なマナーとされています。特に、重要書類や契約書などの送付時には、正しい封筒の選び方や宛名の書き方が必要です。

まず、ビジネスでは角2封筒を利用することが一般的です。角2封筒は、A4サイズの書類を収納できるため、重要書類の送付に最適です。また、差出人情報は企業名や部署名なども記載しましょう。

さらに、宛名の書き方も注意が必要です。相手の肩書きや役職を確認して敬称をつけることが大切です。また、「様」ではなく「殿」や「御中」といった言葉を使うことでより丁寧な印象を与えることができます。

差出人情報についても同様で、「御中」という表現を使用することが一般的です。また、自分自身の役職や部署名も明記しておくことで返信先からすぐに把握されるようになります。

以上より、ビジネスシーンでは正しい封筒の選び方や宛名・差出人情報の記載方法が求められます。しっかりとしたマナーを守って重要書類の送付を行いましょう。

封筒に貼る切手の種類と価格

封筒に貼る切手は、その大きさや重さによって異なります。また、日本郵便では様々な種類の切手を発行しており、用途やデザインも豊富です。

まず、角2封筒に必要な切手は、「普通切手」1枚です。普通切手は、一般的な手紙や請求書などに利用されるものであり、現在の価格は84円です。

一方で、角3封筒に必要な切手は、「定形外郵便」1枚と「追跡番号付き定形外郵便」1枚の2枚が必要です。定形外郵便は、A4サイズの書類や小包を送る際に利用されます。現在の価格は140円(定形外郵便)と370円(追跡番号付き定形外郵便)です。

また、角4封筒に必要な切手は、「ハガキ・簡易書留」1枚です。ハガキ・簡易書留は小さめの用紙を送る際に利用されます。現在の価格は63円です。

以上より、封筒に貼る切手の種類や価格はその目的や大きさ・重さによって異なります。正しい切手を選んで貼り付けましょう。

封筒のデザインと印刷方法

封筒は、手紙の第一印象を左右する重要なアイテムです。自分でオリジナルデザインの封筒を作成することで、相手に与える印象をさらにアップさせることができます。

まず、封筒のデザインには、企業名やロゴマーク、住所などを入れることが一般的です。また、季節や行事に合わせてカラフルなイラストや写真を使ったり、文字の配置を変えたりすることもあります。

自分で封筒を作成する場合には、パソコンやスマートフォン上で簡単にデザインすることができます。また、専門の印刷サービスを利用してオリジナルデザインの封筒を作成することも可能です。

ただし、自分で作成した場合でも、ビジネス文書など正式な場面では適切なレイアウトや配色・フォント選びが必要です。また、印刷時には用紙やインクの品質も考慮しましょう。

以上より、オリジナルデザインの封筒は手紙の第一印象を左右する重要なアイテムです。自分で作成する場合でも適切なレイアウト・配色・フォント選びを心掛けましょう。

封筒を使ったDMやチラシの送付方法

封筒は、手紙だけでなく、DMやチラシの送付にも利用されます。DMやチラシを封筒に入れて送付する場合には、以下の点に注意しましょう。

まず、封筒のサイズは、送付するDMやチラシの大きさに合わせて選びます。また、重さがある場合には定形外郵便を利用し、必要な枚数の切手を貼りましょう。

次に、宛名面には、「担当者様」または「ご担当者様」といった表現を使うことが一般的です。また、企業名や部署名も記載するよう心掛けましょう。

最後に、差出人情報も重要です。企業名や部署名だけでなく、個人名も明記しておくことで返信先からすぐに把握されるようになります。

以上より、封筒を使ってDMやチラシを送付する際には、適切なサイズの封筒を選び宛名面と差出人情報を正確かつ丁寧に記載することが大切です。

封筒のサイズについて

封筒のサイズは、手紙や書類の大きさに合わせて適切なものを選ぶことが重要です。一般的に利用される封筒のサイズは以下の通りです。

  • 角2封筒:A4サイズの書類が入る封筒で、ビジネス文書や請求書などに利用されます。
  • 角3封筒:A4サイズより少し小さい書類が入る封筒で、DMやチラシなどに利用されます。
  • 角4封筒:A5サイズ程度までの小さめな書類が入る封筒で、ハガキやカードなどに利用されます。

また、角2封筒は様々なデザイン・素材のものが販売されており、目的や場面に合わせたものを選ぶことで印象的な手紙を送ることができます。

以上より、手紙や書類に合わせた適切な封筒を選ぶことが大切です。また、角2封筒は様々なデザイン・素材から選ぶことが可能です。

封筒の開け方について

封筒を開ける際には、正しい方法を知っておくことが大切です。手紙や書類を破損してしまったり、中身が落ちてしまったりしないように注意しましょう。

まず、封筒の上部にあるシールを剥がします。その後、封筒の両側から指で持ち上げ、そっと引き裂くように開けます。力を入れすぎると手紙や書類が破損してしまう恐れがあるため、優しく扱いましょう。

また、ビジネス文書など重要な書類の場合には、開封時にシールやテープで封印されている場合があります。この場合は必ずシールやテープを剥がした後、手で開ける前に内容物を確認することがマナーです。

以上より、封筒を開ける際には丁寧かつ正確な方法で行い、手紙や書類を破損させないよう注意することが大切です。

封筒に入れるものについて

封筒に何を入れるかは、手紙や書類を送る上で非常に重要です。相手との関係性や状況に応じて、適切なものを選ぶよう心掛けましょう。

手紙の場合には、相手とのコミュニケーションのきっかけとなることが多いため、丁寧な文面を心掛けましょう。また、ビジネスシーンでは請求書や契約書など重要書類を送付する際にも封筒が利用されます。この場合は、正確かつ明瞭な内容であることが求められます。

また、DMやチラシを送付する際には、商品情報やサービス内容をわかりやすく伝えることが大切です。ただし、相手から不要だと思われるような広告物は避けるよう注意しましょう。

以上より、封筒に入れるものはその目的や相手との関係性・状況に応じて適切なものを選ぶことが大切です。丁寧で明瞭な内容であることが求められます。

封筒の留め方について

封筒を送る際には、正しい留め方を知っておくことが大切です。留め方が不適切だと、手紙や書類が落ちてしまったり、中身が見えてしまったりする恐れがあります。

まず、封筒の上部にあるシールをしっかりと閉じます。その後、左右の側面を折り曲げた状態で、下部を内側に折り込みます。最後に、左右の側面を重ね合わせてしっかりと折り込んで留めます。

また、ビジネス文書など重要な書類の場合には、シールやテープで封印される場合があります。この場合は必ずシールやテープをしっかりと閉じた後、手で開ける前に内容物を確認することがマナーです。

以上より、封筒の留め方は丁寧かつ正確な方法で行い、手紙や書類が破損したり中身が見えてしまうことのないよう注意することが大切です。

手紙のマナーについて

手紙を書く際には、マナーを守ることが重要です。以下に挙げるポイントに注意しましょう。

  • あいさつから始める:手紙の冒頭で相手にあいさつをすることが大切です。例えば、「お世話になっております」「お元気でお過ごしでしょうか」といった表現が一般的です。
  • 敬語を使う:手紙では敬語を使うことが一般的です。相手との関係性や状況に応じて、適切な敬語のレベルを選ぶよう心掛けましょう。
  • 文章は簡潔明瞭に:手紙は読み手に伝わるよう、文章は簡潔明瞭に書きましょう。また、丁寧かつ明確な内容であることが求められます。
  • 署名をする:手紙の最後には自分の署名を入れることが一般的です。また、役職や部署名も記載することで相手から正確な把握されやすくなります。

以上より、手紙を書く際にはマナーを守り、丁寧かつ明確な文章を心掛けましょう。

封筒の保存方法について

封筒は手紙や書類を送る際に欠かせないアイテムですが、使用後は適切に保管することが大切です。封筒を正しく保管しておくことで、次回使う際に綺麗な状態で利用することができます。

まず、封筒を保管する場所は乾燥した場所が望ましいです。湿気の多い場所や直射日光の当たる場所では色あせや変形の原因になりますので注意しましょう。

次に、折り目やシワがつかないように平置きで保管するよう心掛けます。また、角2封筒や角3封筒はサイズが大きいため、引き出し収納やファイルボックスなどを利用して整理することも重要です。

さらに、デザイン性の高い角2封筒など特殊なものは、透明袋などで保護してから保管することもおすすめです。長期間保管する場合には定期的に状態を確認し、必要に応じて取り出して風通しを良くするよう心掛けましょう。

以上より、封筒を適切に保管することで次回利用時も美しく使えるよう注意しましょう。乾燥した場所で平置きして整理整頓された状態で保存することが重要です。

まとめ

封筒の書き方には、いくつかのルールがあります。正しい書き方を知っていることで、相手に丁寧な印象を与えることができます。また、手紙の送り方にも注意が必要です。ぜひ、この記事を参考にして、手紙の送り方をマスターしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました