最強クラスの勉強場所はここ>>

【コピペOK!例文付】「事業計画書」の書き方を丁寧に解説!

書き方書き方
この記事は約11分で読めます。

はじめに

事業計画書は、新規事業の立ち上げや既存事業の改善において、重要な役割を果たします。しかし、初めて書く場合や書き方がわからない場合は、難しいものです。そこで、本記事では、事業計画書の書き方を十分に解説し、初心者でもスムーズに作成できるようにします。

1. 事業計画書の役割と必要性

事業計画書がどのような役割を果たすのか、またなぜ必要なのかについて詳しく解説します。事業計画書の目的を理解することで、効果的な書き方ができるようになります。新しい事業を開始するにあたり、事業計画書は極めて重要です。事業計画書には、ビジネスのビジョン、目標、戦略的行動計画、財務計画、市場調査など、重要な情報が含まれています。事業計画書は、将来の事業の成長を予測するための基盤となります。

2. 事業計画書の基本構成

事業計画書には、必ず含まれるべき項目があります。この項目について、具体的に解説します。また、各項目の書き方についても具体例を交えて説明します。事業計画書は、次のような項目で構成されています。

  • タイトルページ
  • 目次
  • 事業の概要
  • 市場分析
  • 競合分析
  • 販売戦略
  • 開発計画
  • 資金計画
  • リスク分析
  • まとめと注意点

3. 事業の概要

事業計画書の中でも、最も重要な部分が「事業の概要」です。事業のビジョンやミッション、ターゲット顧客など、具体的な事業内容を説明します。この項目の書き方について、詳しく解説します。事業概要は、企業や事業の紹介として、読者に事業を理解してもらうために作成されます。事業概要には、次のような項目が含まれます。

  • 会社の概要
  • 製品やサービスの概要
  • 市場規模
  • ターゲット顧客
  • ビジョンやミッション

4. 市場分析

事業計画書には、市場調査結果をもとにした市場分析が必要です。ここでは、市場調査の方法や、市場分析に必要な情報について説明します。市場分析は、事業計画書の中でも重要な項目であり、市場の状況やトレンドを把握することができます。市場分析には、次のような項目が含まれます。

  • 市場規模
  • 市場の成長率
  • ニーズとトレンド
  • マーケットシェア

5. 競合分析

競合分析は、事業計画書にとって欠かせない項目の一つです。競合の現状や競合優位性、競合との差別化など、競合分析の書き方について解説します。競合分析は、自社の競合優位性を把握するために行われます。競合分析には、次のような項目が含まれます。

  • 競合の現状
  • 競合の優位性
  • 競合との差別化

6. 販売戦略

事業計画書には、販売戦略も含まれます。販売目標やマーケティング戦略、施策内容など、販売戦略に必要な情報について説明します。販売戦略は、ビジネスの成功に欠かせないものです。販売戦略には、次のような項目が含まれます。

  • 販売目標
  • マーケティング戦略
  • 施策内容

7. 開発計画

新規事業を立ち上げる場合には、開発計画が必要です。製品やサービスの開発方法や開発スケジュール、開発に必要な予算など、開発計画の書き方について解説します。開発計画は、事業を成功に導く重要な要素の一つです。開発計画には、次のような項目が含まれます。

  • 製品やサービスの開発方法
  • 開発スケジュール
  • 開発に必要な予算

8. 資金計画

事業計画書の中でも、最も重要な項目が「資金計画」です。予算や収支計画、資金調達方法など、資金計画の書き方について詳しく解説します。資金計画は、事業が成功するために必要な資金を確保するために作成されます。資金計画には、次のような項目が含まれます。

  • 予算
  • 収支計画
  • 資金調達方法

9. リスク分析

事業計画書には、リスク分析も必要です。リスクの種類や影響度、対策方法など、リスク分析の書き方について説明します。リスク分析は、事業計画書にとって欠かせない項目の一つであり、ビジネスを成功に導くために必要です。リスク分析には、次のような項目が含まれます。

  • リスクの種類
  • リスクの影響度
  • 対策方法

10. 事業計画書のまとめと注意点

最後に、事業計画書を作成する上での注意点や、まとめについて解説します。事業計画書を作成する際には、この部分を確認し、不備がないように注意しましょう。事業計画書の作成は、事業を開始する上で非常に重要であり、事業の成否を左右するものです。

11. 事業計画書の作成に必要なスキルとツール

事業計画書を作成する際には、いくつかのスキルやツールが必要です。特に初めて書く場合や、ビジネス経験が浅い場合は、これらのスキルやツールを身につけることが重要です。以下では、事業計画書を作成するために必要なスキルとツールについて解説します。

スキル

  • プレゼンテーションスキル
  • マーケティングスキル
  • 財務分析スキル
  • プロジェクトマネジメントスキル

ツール

  • スプレッドシート(Excel, Google Sheetsなど)
  • ワードプロセッサー(Word, Google Docsなど)
  • ビジュアル化ツール(Canva, Lucidchartなど)

これらのスキルやツールは、事業計画書を作成する際に非常に役立ちます。プレゼンテーションスキルやマーケティングスキルは、より効果的なビジネス戦略を策定するために必要です。また、財務分析スキルは、資金計画を正確に予測し、リターンオンインベストメント(ROI)を最大化するために不可欠です。さらに、プロジェクトマネジメントスキルは、開発計画の実行や進捗管理を効率的かつ効果的に行うために必要です。

また、これらのツールも同様に重要です。ExcelやGoogle Sheetsは財務計算や収支予測などで使用されます。WordやGoogle Docsは文書の編集・整形で使われます。CanvaやLucidchartはグラフィックデザイン・図表作成で用いられます。

以上のようなスキルとツールを身につけることで、初心者でもより効果的かつ正確な事業計画書を作成することが可能となります。

12. 事業計画書のプレゼンテーション方法

事業計画書を作成したら、次はプレゼンテーションに移ります。プレゼンテーションは、投資家やパートナーに自社のビジネスをアピールする重要な機会です。以下では、事業計画書をプレゼンテーションする際に注意すべき点や、成功するためのコツについて解説します。

プレゼンテーションの目的

まず、プレゼンテーションの目的を明確化しましょう。投資家やパートナーに伝えたいメッセージやアピールポイントは何でしょうか?自社の強みや独自性をどのようにアピールするか考えましょう。

スライド作成

次に、スライド作成のポイントについて紹介します。スライドはシンプルでわかりやすく、視覚的なデザインが求められます。以下は、スライド作成時に注意すべきポイントです。

  • タイトル:簡潔で分かりやすいタイトルを付けること。
  • 目次:全体像が伝わるような目次ページを用意すること。
  • 概要:事業内容・ビジネスモデルをシンプルに説明すること。
  • 市場分析と競合分析:市場規模・トレンド・競合優位性など重要な情報を盛り込み、グラフィックなどで視覚的に表現すること。
  • 販売戦略:販売目標・マーケティング戦略・施策内容など重要な情報を盛り込み、グラフィックなどで視覚的に表現すること。
  • 開発計画:製品開発方法・開発スケジュール・予算計画など重要な情報を盛り込み、グラフィックなどで視覚的に表現すること。
  • 資金計画:収支予測・キャッシュフロー予測・資金調達方法など重要な情報を盛り込み、グラフィックなどで視覚的に表現すること。

プレゼンテーション実施

最後に、プレゼンテーション実施時のコツです。以下はその一例です。

  • 聴衆へのアピールポイント:聴衆が興味関心を持ちそうな部分から話し始めること。
  • 専門用語の使用:専門用語は最小限度まで抑えて話すこと。
  • グラフィック使用:図表やグラフィックを多用して理解しやすく話すこと。
  • 結論重視:結論から話し始めて肝心部分だけでもしっかり伝えるよう心掛けること。

以上が事業計画書のプレゼンテーション方法です。プレゼンテーションでは相手方へアピールしなければいけません。そのため、「相手方が知りたい情

ビジネスプランニングのための資料収集方法

ビジネスプランを立てるにあたって、正確な情報収集が不可欠です。事業計画書に必要な情報を収集する際には、以下のような手順で進めることがおすすめです。

1. 市場調査

市場調査は、自社製品やサービスがどのような市場で展開されるかを把握するために行われます。市場調査を行う際には、インターネット上での検索や専門書籍・雑誌の読み込み、業界団体・学会の活動内容等から情報を収集します。

2. 競合調査

競合調査は、自社製品やサービスを提供している他社と比較し、差別化ポイントや優位性を見出すために行われます。競合調査では、主要な競合他社のウェブサイト・広告媒体等から情報を収集します。

3. 資金調達先リスト作成

新規事業立ち上げ時には資金調達が必要となります。資金調達先リスト作成では、銀行・投資家・政府機関等から情報を収集し、可能性の高い資金調達先リストを作成します。

4. 法律関連情報収集

自社製品やサービスが法的問題に関連する場合もあります。そのため法律関連情報収集では、弁護士・税理士等から相談し、必要な法的手続きや許可取得等について正確な情報を収集します。

以上がビジネスプランニングのための資料収集方法です。これらの手順で正確かつ効果的な情報収集が実現できるよう心掛けましょう。

13. 事業計画書作成におけるコスト削減のためのアイデア

事業計画書を作成する際、無駄なコストをかけずに効果的な資料を作成することが求められます。以下では、事業計画書作成においてコスト削減を図るためのアイデアを紹介します。

オンラインツールの活用

スプレッドシートやワードプロセッサー、ビジュアル化ツールなど、オンライン上で利用できるツールは多数あります。これらのツールを活用することで、ソフトウェアやプログラムを購入したり、専門家に依頼したりする必要がありません。また、複数人で共同編集が可能な場合もあるため、チームで協力して効率的に進めることもできます。

テンプレートの利用

事業計画書のテンプレートは多数存在し、無料でダウンロードすることができます。これらのテンプレートは基本的な構造が整っているため、自社に合わせてカスタマイズすればよいです。テンプレートを利用することで、時間や手間の節約が可能です。

プロフェッショナルな校正者への依頼

事業計画書は投資家やパートナーへ提出される重要な資料です。そのため校正者へ依頼して文法や表現等をチェックしましょう。しかし、高額な費用がかかってしまう場合もあるため、専門家ではなく友人や知人等に依頼することも一つの方法です。

以上が事業計画書作成におけるコスト削減のためのアイデアです。これらを活用して効率的かつ低コストで質の高い事業計画書を作成しましょう。

事業計画書を作成する際に避けるべき失敗例

事業計画書を作成する際には、成功のためのポイントを抑えることが重要です。しかし、同時に、失敗例も知っておくことが必要です。以下では、事業計画書を作成する際に避けるべき失敗例を紹介します。

1. 情報不足

事業計画書は投資家やパートナーなど多くの人々が閲覧する可能性があるため、情報不足は避けるべきです。必要な情報は市場調査や競合分析などから収集し、詳細かつ正確なデータを盛り込むよう心掛けましょう。

2. ビジネスモデルの不明瞭さ

ビジネスモデルが不明瞭であったり、説明が不十分であったりすると、投資家やパートナーから信頼されません。ビジネスモデルはわかりやすく具体的に示し、自社の強みや独自性をアピールするよう心掛けましょう。

3. 財務予測の甘さ

財務予測は非常に重要な部分です。しかし、現実的でない財務予測を提示した場合、投資家やパートナーから信用されません。財務予測は現実的かつ慎重に立てられるよう注意しましょう。

4. スタッフの役割・責任範囲の不明瞭さ

スタッフの役割・責任範囲が明確でない場合、プロジェクト進行上問題が生じる可能性があります。スタッフそれぞれに役割・責任範囲を明確化しておくことで円滑なプロジェクト進行が期待できます。

以上が事業計画書を作成する際に避けるべき失敗例です。これらの失敗例から学び改善点を見つけ出しましょう。

事業計画書を作成する際に考慮すべき法的規制やライセンス

事業計画書を作成する際には、自社製品やサービスが適正に提供されるよう、関連する法的規制やライセンスについても注意が必要です。

1. 許認可の取得

一部のビジネスでは、許認可を取得する必要があります。例えば、飲食店などの場合は衛生許可が必要となります。また、医療機器等を扱う場合は厚生労働省からの許可が必要となります。事業計画書作成前には、自社製品やサービスが該当するかどうか確認しましょう。

2. 契約書の確認

契約書に違反しないよう、契約書内容を確認しておくことも重要です。特定の商品・サービスを提供する場合は、契約書で使用条件が定められていることがあります。そのため契約内容をしっかり把握し、違反しないよう注意しましょう。

3. 消費者保護法

消費者保護法は消費者を守るための法律です。商品・サービス提供時にはこの法律に基づく表示義務等があります。利用者に対して不当な勧誘行為を行わないよう留意しましょう。

以上が事業計画書作成時に考慮すべき法的規制やライセンスです。これらの情報を踏まえて、自社製品・サービス提供時に問題が生じないよう十分注意してください。

おわりに

事業計画書は、事業をスタートする上で欠かせないものです。しかし、初めて書く場合や書き方がわからない場合は、不安を感じるものです。本記事を参考に、初心者でもスムーズに事業計画書を作成できるようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました